上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05.25 活動の原点
第3章 同じ時間を過ごす
 ~障害者施設で介助~


【1】活動の原点

 ボランティア休職の期間に入るにあたって、私は「まずは地元の障害のあるひとと直接ふれあう機会を十分につくろう」と考えました。それまでも、障害のあるひととふれあう機会は何度もありましたが、単発の活動だったため、まだ自信のようなものがありませんでした。そこで、地元の障害者施設にほぼ毎日通うことにしました。
 その施設は、自宅から徒歩15分の所にある知的障害者通所更生施設(当時)です。選んだ理由は「ただ家から近いから」。後で気づくのですが、この施設はとても素晴らしいところで、最初にここに通うことができて、私は本当に幸運だったと思います。
 
 施設の概要は、次の通りです。
・在宅の知的障害者に日中活動の場を提供し、各種の支援を行なう施設。
・職員約20名。利用者約60名。18歳以上の成人。年齢・障害の内容・重度はさまざま。
・作業を中心とした日常活動と、クラブ・委員会・サークル活動等を行なう。

 日常の活動は、作業内容によって7つのパートに分かれて活動していました。私は全てのパートに参加させていただきました。
①「屋外作業」(地域清掃、木工、園芸、空缶作業)
②「室内軽作業」(ウォーキング、部材組立て、空缶作業、音楽)
③「織物」(結び織、機織、クロスステッチ、ミシン)
④「食に関する活動」(昼食の配膳、パン・惣菜の調理・販売)
⑤「屋外作業」(空缶作業、部材組立て、缶回収・納品、園芸)
⑥「陶芸」(粘土作り、作陶、仕上げ)
⑦「デイサービス」(陶芸、手芸、織物、屋外作業)

 日常の活動以外にも、さまざまな活動に参加させていただきました。
 クラブ活動が週1回あって、ソフトボール・美術・音楽・散歩・体操・ワープロのクラブに参加しました。また、施設の運営に利用者さんが主体的に関わることを目的として、8つの委員会が月1回程度の活動を行なっていました。私は、余暇・販売・広報・旅行・放送の委員会に参加しました。ちょうど、利用者自身による初めての自治会役員選挙が行われるときで、その準備会合にも同席させていただきました。
 イベントやサークル活動といったレクリエーション行事も多数ありました。サーカス・ボーリング・水族館に出掛けたり、中華料理をみんなで作って食べたり、知的障害者運動競技会の応援や障害者の美術作品展覧会に行ったりもしました。その他にも、作業で組み立てた建築部材や、木工・陶芸等の作品を納品に行ったり、近隣の公園のボランティア清掃活動、利用者さんと私の誕生会など、本当にいろんなところに利用者さんと出掛けて、さまざまな活動を経験させていただきました。
 昼食は、施設の食堂で利用者さんと一緒に同じ給食を食べて、食後の昼休みには毎日利用者さんと野球をしていました。後半になると、休日にプライベートで利用者さんと千葉マリンスタジアムでプロ野球観戦したり、数人とボーリングに行くようになりました。
 この施設はグループホーム(当時)も運営していて、施設の利用者さん4人が世話人さんと一緒に共同生活をしていました。施設での活動終了後に何度かグループホームを訪ねて、利用者さんと一緒に夕食を調理して食べたり、部屋で利用者さんと話をしたりして過ごしました。

活動の原点

 最初は「どうとけこむか。どう役に立つか。」と力が入りすぎていましたが、利用者さんと一緒に自然に活動するように心がけた結果、思ったより早く人間関係を広げ、深めることができました。毎日の利用者さんとのさまざまな関わりを通じて、彼らがどんな日々を過ごしどんなことを感じているかが、だんだんわかってきました。ある利用者さんが、ある日突然私を受け入れてくれて、嬉しいやら戸惑うやらという経験(後述します)をしたり、別のひととは連絡ノート(交換日記のようなもの)をやりとりして急に距離が近づく、といったこともありました。
 そんななかで強く感じたことは、「たくさんの利用者さんは、それぞれ個性と特徴をもったひとりの人である」ということでした。障害の種類・重度の違いのみならず、年齢・環境・好き嫌い・得意不得意などもひとりひとり異なる。周りの人と共通点と相違点がある「ひとりの人」であることに、自分となんら変わりない。あたりまえのことですが、利用者さんと同じ時間を過ごしていくにつれて、そう思うようになっていきました。

 一方で、この施設はとても素晴らしいところだということに、だんだん気づいていきました。職員さんは熱意と良識があって、利用者さんも満足している様子でした。利用者さんをひとりの成人として尊重し、本人の視点でその意思を重視していました。情報開示にも積極的で、施設外からの意見を常に歓迎していました。
 しかし、全く外の世界から突然やってきた私から見ると、「福祉の世界はまだ閉じている」と感じました。職員さんには家族に福祉関係者をもつひとも多く、ボランティアも福祉就職を目指す人が目立ちました。地域との関係は大変良好でしたが、作業の依頼元や協力者は限られていました。社会への啓発・交流等のさらなる働きかけが、必要だと改めて感じました。
 そんな中で、初めての長期ボランティアである私に、施設長から提言を求めらました。「外から見て、もっとこうしたらいいのではないか、ということを遠慮なく言っください」とおっしゃるのです。そこで、会社に提出する「活動報告書」を職員さんで回覧してもらいました。さらに、施設の広報誌に提言を寄稿させていただきました。(寄稿内容は後述します)

活動の原点2

 もうひとつ、ボランティアの役割について考えることも多かったです。施設側はボランティアに労働力を期待せず、地域の理解促進、外部視点の導入、利用者への刺激を目的として受け入れていました。最初の頃、トイレ介助を申し出たところ、施設側から「利用者さんのプライバシーの観点から、お願いできない。」と断られました。これまでのボランティア経験では、会ったその日にトイレ介助を行なっていましたが、利用者視点から考えれば不適切だったかもしれません。
 ボランティアのすべきことと、すべきでないことがある。ではボランティアとは何か。自分には何ができるのか。それは、支援者でも家族でもない『近所のおじさん』として、利用者・自分の双方に意味がある人間関係をつくることではないか。利用者と「一般の人」とのこの人間関係があたりまえになると、地域福祉社会が実現するのではないか。そんな風に考えるようになりました。

 楽しいばかりではありませんでした。それまでもボランティアの経験はそれなりにあったものの、まだまだ障害(特に知的障害)のあるひととどう接すればよいか不安がありました。そして、マンネリ・疲れ・迷いを感じるスランプの時期もありました。ボランティアは、自ら存在意義を見つけてそれを周囲に承認してもらう必要があります。私は自分の存在意義を自分なりに定義して、それを日々の活動で意識するよう心がけました。この「常に自分の意味づけが必要」というのはなかなか厳しく、それによる迷いと疲れに悩まされました。幸い利用者の笑顔と職員さんの協力に励まされて乗り越えられましたが、「ボランティアとは?」という永遠の疑問について、何度も考える機会になりました。

 このように、この施設での活動によって、ボランティアについての考え方のベースを得ることができました。これが、今でも私の「よりどころ」になっています。まさに「活動の原点」です。休職の最初にこのようにとても有意義なスタートを切れたのは、施設長をはじめ職員さん、利用者の皆さん、ご家族、近所の方々のおかげだと思います。心から感謝しています。

◆次ページへ
◆目次へ

※この記事の元記事(ブログ『ボランティア雑記帳』)
 活動の原点「S」(1)(2)(3)(4)(5)
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。