上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2章 私のための制度 ~2年間のボランティア休職~

【1】ボランティア休職制度とは

 私は2003年から2004年の2年間、会社の「ボランティア休職制度」を利用しました。仕事を休んで毎日ボランティアばかりする期間を過ごしたのです。私にとってとても大きな2年間で、今の私の活動のベースになっています。ここでは、私の会社の当時の制度について概要をご説明し、制度の利用を決意した時の気持ちも書いてみたいと思います。(記憶を辿って書いているので、制度の内容は正確ではありません。また現在は制度が変わっています。)

<当時の制度の概要>
1.目的
 社員が一定期間ボランティアに専念できる制度を設けることにより、仕事との両立を図りながら、社会に貢献できるよう社員を支援すること。社員の社会参加を積極的に促すこと。

2.活動
 国、自治体または非営利団体を通じた、会社が認める社会福祉または開発途上国援助の活動。

3.期間
 最大3年間(私の場合は2年間)

4.実績
 過去の利用例としては、青年海外協力隊への参加、NPOの立ち上げなどあり。

5.「ボランティア休暇」との違い
 「休暇」は1日単位で有給休暇の他にとれる制度。
 「休職」は3ヶ月以上の中長期で休む制度。

6.期間中の処遇
 給与・賞与は無し。ただし「ボランティア活動支援金」を支給。
 「収入はかなり減るが、一定額が支給される」という形。(詳細はご勘弁ください)

色エンピツ

 私は、2000年にボランティア活動を始めてから、少しづつ活動の幅を広げていきました。ただ、どうしても週末などを利用した短期的な活動になっていました。一度まとまった期間ボランティア活動に専念して、土日ボラだけではできないことをやってみたいという気持ちが、しだいに自分の中でふくらんでいきました。

 そんなとき、ボランティア休職制度のことを知りました。一定の期間、自分の活動を会社が支援してくれて、しかも復職できる。これは私にとってはとてもありがたく、素晴らしい制度だと思いました。
 もちろん不安もありましたし、収入減少や昇格ストップなどのデメリットもありました。実際に利用する人はとても僅かで、当時数千人の従業員のうち、累計利用者は一桁でした。それだけ利用するには勇気のいる制度でした。
 しかし、私はだんだん「これは私のための制度ではないか」、「私が利用しなくて誰がするのだろうか」と思うようになりました。それに、このような制度を導入している会社はまだ多くなかったので、そんな会社にいる幸運に感謝する気持ちで一杯でした。そして、家族の了解も得て会社に申請し、認めていただきました。

 今でも、「やはり思い切って制度を利用してよかった」と、思っています。

◆次ページへ
◆目次へ

※この記事の元記事(ブログ『ボランティア雑記帳』)
 ボランティア休業制度
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。