上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第8章 私の思い
 ~あなたはどう思いますか?~


この章では、「ボランティア」「障害」について、私の思いを語ってみます。確信であることは少なく、迷いを含んだ思いです。ですから、最後に「あなたはどう思いますか?」と問いかけます。恐らく唯一の答えはないのだと思います。皆さんと私は思いが違っ

てあたりまえ。私は自分の思いを語り、皆さんの思いにも耳を傾ける。そして刺激し合って、場合によっては考えを少しずつ変えていく。それでいいのだと思います。

【1】ボランティアとは?

『ボランティアとは?』

 「ボランティアとは何か?」「これはボランティアなのか?」「そんなのはボランティアではない。」
 「ボランティア」にあたる日本語がなく、一般的に使われ始めてからまだ歴史がありません。そのため、いろいろな解釈があったり、さまざまな意味に使われたりしています。学問としてボランティアを研究している人もいるそうです。

 さて、私がやっているのは「ボランティア」なのでしょうか?「ボランティア4原則」(第10章参照)には、だいたいあてはまるような気がします。でも、私は「まさにボランティア」をしているつもりはありません。
 日曜の朝、家族に「今日はボランティア?」と聞かれると、「うん」と答えるのですが違和感があります。コミュニティフレンドで荒木さんと会ったあと報告書を書いていて、「活動」とか「ボランティア」という言葉を使うとき、「もっと適切な言葉はないのかなぁ」と思ってしまいます。木村さんと写真撮影に行ったり、大山さんたちとポーリングに行ったりするのは、「ボランティア」といえばそうかもしれませんが、私の好きなプロ野球を一緒に観に行くのは「ボランティア」でしょうか?もっというと、このブログの名前「ボランティア実践ノート」も、実は私にとってはピンとこないのです。
 私はやりたくてやっていて楽しい。相手もそれを望んでいて受け入れている。それだけです。「ボランティアとは、両方OKなこと」どこでかに、そう書いてありました。

 いずれにしても、「ボランティアとは?」を語ることは、それほど大切なことではないように思います。むしろ、「それは両方OKか?」「それでみんなHAPPYか?」が大切であって、それを「ボランティア」と呼ぶかどうかは、各自が決めればよいと思います。あなたはどう思いますか?

・ひととき

『ボランティアはエラくない』

 TV番組や新聞報道に登場するボランティアは、概ね次のように描かれます。
 「正義感や責任感から活動している」「自分を犠牲にして他人のために働いている」「優しい心と強い信念をもっている」「普通の人にはできることではない」

 はたして実際にボランティアの類のことをしている人達は、このような人ばかりなのでしょうか。一部の項目に該当する人もいると思います。しかし、全部あてはまったらその人は聖人君子です。ボランティアは、そんなにエラい人ではないのでは?
 多くの人はこんな感じではないでしょうか。
 「ちょっとしたキッカケで始めた」「自分にできることをやっている」「やっていて楽しい」「誰にでもできることだ」

 私はまさにそうです。でも、自分だけを基準に考えてはいけませんね。もっとスゴイ人もいると思います。ただひとつ言えるのは、TVで描かれている「エラいボラ」ばかりではないということです。
 「明るく前向きに頑張っていて障害を乗り越えた障害者」ばかりではないのと同様に、「正義感あふれる優しい心で自己を犠牲にして奮闘するボランティア」ばかりではないのです。「愛される障害者像」によって、実際の障害者が生きにくいと感じることがあるのと同様に、「エラいボランティア像」によって、実際のボランティアが活動しにくいと感じることもあるように思います。
 障害者もボランティアも「頑張って」と声をかけられる。別に頑張ってるわけではないのに。
 「エラいですね」「普通できませんよ」→「エラくありませんよ」「楽しくてやってますので」「一緒にやりませんか」→「いやあ、私にはとてもとても」→(違うんだけどなあ・・・)

 残念なのは、ボランティアを難しいことだと思われてしまうことです。誰にでもできることだし、できることをすればいい。みんなが少しずつすると、社会全体が変わるのに。そして自分自身も変われるのに。
 自然に力を抜いて、楽しんで活動しているボランティアを、もっと描いてほしいものだと思います。あなたはどう思いますか?

・珈琲とデスク

『ボランティアをする?』

 「ボランティアをする」と言うことがあります。「ボランティアをしています」「ボランティアをしませんか?」「ボランティアをやってみたい」
 でも、「ボランティアをする」は、不思議な言葉のような気がします。
 「ボランティアトピックス」という情報誌が届きます。「ボランティア講座」が開かれることがあります。大学には「ボランティアサークル」があります。やっぱりなにか不思議な感じがします。

 私も初めて「ボランティアをした」ときは、「ボランティアをした」と思いました。その後も「ボランティアを続け」、休職して「ボランティアばかりする」2年間を過ごしました。
 復職して思いました。「ボランティアの楽しさ」を伝えよう。地域で「ボランティアをする」人を増やしていこう。そして「ボランティア雑記帳」というブログを始めました。
 でも「ボランティアをする」って何をするのでしょう?

 私はしだいに「ボランティアをする」という言葉に、違和感を感じ始めました。私は「ボランティアをしている」のではありません。
 地域に住んで、仕事をしながら、障害のある人と、友人としてのつきあいを続けながら、障害のある人は特別な人ではないことや、人はみな共通点と相違点があるだけのことだということを伝えていく。
 私は「そういうことをしている」のです。
 「ボランティア」は、そのための手段、または形態、あるいは立場のようなことを説明する言葉です。「~~をする」という動詞の目的語にはなりえない言葉です。だから「ボランティアをする」という言葉は不思議な感じがするのではないでしょうか。

 「パソコンをする」という言葉に似ています。「彼は部屋でパソコンをしている」「彼女は家に帰るとパソコンをする」「パソコンばかりしていないで勉強しなさい」
 「パソコン」は手段であり、目的ではありません。パソコンで何かをしているはずです。「(パソコンで)メールを読む」「(パソコンで)ショツピングをする」「(パソコンで)遊園地の場所を調べる」「(パソコンで)レポートを書く」

 私も最初は「ボランティア」を目的だと勘違いしていました。初めてのボラのとき、「ボランティアは楽しい」と思いました。でも本当は「障害のある人とディズニーランドで一日過ごすことが楽しかった」のです。「ボランティアが楽しかった」のではありません。
 別にどうでもいいことかもしれません。でも、私はずっと気になっていました。あなたはどう思いますか?

◆次ページへ
◆目次へ

※この記事の元記事(ブログ『ボランティア雑記帳』)
 ボランティアとは?
 ボランティアはエラくない
 ボランティアをする?
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。