上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1章 ボランティアとの出会い
 ~ なんとも言えない満足感 ~


【1】初めてのボランティア

 私が初めてボランティアをしたのは、2000年の「KIDSプロジェクト」でした。「障害のあるこどもたちと一緒に、ディズニーランドで一日遊ぼう!」というものです。

 私はそれまで漠然と「何かやってみたい」という気持ちはあったものの、何をしたらよいのかわからない状態でした。何か熱中するものを探していたのかもしれません。阪神大震災の時も「行かなくていいのかなぁ」と思いながら、結局何もしませんでした。もちろん、福祉や障害とは全く関わりはありませんでした。
 そんなとき、会社でボランティアの募集がありました。KIDSには、私の勤める会社が協賛していて、社員ボランティアも募集していたのです。「これならできるかな」と思い、「よし、やってみよう」と参加してみたわけです。若い頃はディズニーランドに何度も遊びに行っていたので、介助はできなくても園内の案内で役に立てるかな?という軽い気持ちでした。

 当日は、「こども3人、ボランティア7人」のグループで行動しました(プロジェクト全体では約1400人が参加)。私とパートナーになったのは、脳性麻痺の子でした。それまで、障害のあるひととほとんど全くふれあいがなかった私は、事前に配られた資料の「脳性麻痺」のところを、蛍光マーカーを使いながら何度も読んで行きました。事前説明会にも参加し、生まれて初めて車椅子を触り、開けるときに手を挟んだりしました。障害のある子とどうつきあえばよいのか不安でしたし、傷つけるようなことを言ってしまうのではないかと心配でした。

 さて実際に会ってみると、彼はディズニーランドで遊ぶのを楽しみにしていた様子で、私とも明るくふれあってくれました。
私も、アトラクションに障害者用の通路から乗るのが珍しくて、そんな非日常を楽しんでいました。
 なかでも「ホーンテッドマンション」(洋風お化け屋敷)には感激しました。このアトラクションは2人乗りの乗り物なのですが、乗るときは動く歩道形式で乗り込みます。しかし、歩くことが難しい人がいると、乗り物を一度止めて乗車を待つことになります。そうすると、館内の全ての乗り物が一時停止してしまいます。
 その際に「ただいま足の不自由な方がご乗車されているため、アトラクションを一時停止しています。しばらくお待ちください。」などというアナウンスが流れては、お化け屋敷の怖さが半減してしまいます。その不自然さを補うために、次のようなアナウンスが流れます。

「イタズラ好きの幽霊たちが、また悪さをしたらしい。しばらくそのまま待っていてくれたまえ。」

 私はそれまでに、何度もこのアナウンスを聞いたことがありました。そのたびに、「ホーンテッドマンションは故障が多いな」と思っていました。この日「これだったのか!さすがディズニーランド!」と謎が解け、とても感激しました。

遊園地
※画像はイメージです。東京ディズニーランドとは関係ありません。

 しかし、やはり楽しいばかりではありませんでした。トイレに行くときは、私はどうしたらよいのかわからず、経験のある人が介助している横で何もできませんでした。食事のときも困惑してジロジロ見るばかりで、何も手伝えませんでした。(結局彼は食事介助は不要だったのですが)
 私は情けない気持ちになりましたが、このプロジェクトは「参加者は初心者」を前提にしていたので、ご本人や周りのひとはあまり気にしていないようでした。参加者向けの資料の冒頭にも、次のように書いてありました。

「プロジェクトが終わったあと、『ボランティアって誰でもできるんだ』、ひとりでも多くの参加者がそう感じてくだされば、このプロジェクトは大成功です。
東京ディズニーランドで過ごす一日が、皆さんのボランティア活動の入り口になれば幸いです。
また、これをきっかけとして「継続」したボランティア活動に踏み込んでいただくことを熱望します。」

 「KIDS」とは「Kowing is Doing Something (行動して初めて何かを理解することができる。やってみなければわからない。)」という意味です。つまり、「初めてのひとも、とにかくやってみよう!」というものでした。KIDSの活動は毎年1回で、パートナーとは基本的に一度限りのおつきあいになります。毎年参加するひともいますが、1~2回参加したあと自分にあった継続的な活動をみつけて離れていく参加者も多く、私もそのひとりでした。
 でも、社会人を中心とした数百人の「初心者」が、「ボランティア活動の入り口」を毎年通過していくこの活動は、裾野を広げるという意味で、素晴らしい役割を果たしていると今でも思います。

 さて、グループの皆さんに支えられて、なんとか一日の活動を終えた私は、「なんともいえない満足感」の中にいました。「人のために何かした」という充実感ではありませんでした。自分自身の満足感だけ。「勉強になった」とか「よい経験になった」とは思いませんでした。ただ、楽しかっただけ。理由はわからないけど楽しかった。「いいことをした」という充実感を予想していましたが、私が得たのは「楽しかった」という満足感だったのです。

 この感覚に、ボランティアの類に関わっているひとは、おそらく共感していただけると思います。この「なんともいえない満足感」がここちよくて、このあと私はボランティア活動にはまっていきます。

◆次ページへ
◆目次へ

※この記事の元記事(ブログ『ボランティア雑記帳』)
 初めてのボランティア①
 初めてのボランティア②
スポンサーサイト
【2】人生の転機となったキャンプ

 2000年に初めてボランティアをしてから、会社で募集のあった活動に数回参加した2002年のことです。そろそろ初心者を卒業して、「少し本格的な活動をしてみたい」と考えていました。そんなとき、会社で「ふれあい合同キャンプ」の参加者募集がありました。さまざまな障害のある子どもが参加する2泊3日のキャンプで、私にとっては「適度にチャレンジング」な活動に思えました。

 まずは、当時書いた感想を読んでください。活動終了後に社員向けに書いたものです。

*** 以下 当時の記録より抜粋引用 ***

 2002年8月18日から2泊3日の「ふれあい合同キャンプ」に、スタッフとして参加しました。障害をもつこどもたち(50名)が、親元を離れてスタッフ(50名)とキャンプを楽しむものです。SLに乗ったり蕎麦を打ったりゲームをしたりと、こどもたちは普段できない経験に目を輝かせていました。
 このキャンプは22回の歴史があり、スタッフの意欲と責任感も強く、運営がとてもしっかりしています。最大の特徴は、さまざまな障害(視覚・聴覚・てんかん・自閉症)をもつこどもたちが参加することです。障害があっても自分のできることで友達と助け合い、全員が主役のキャンプにしようというものです。障害をもたないこどもも参加しており、まさにこれが本来の社会だと思いました。

 スタッフは数回の事前打合せで企画に携わり、当日はチームでこどもを介助します。食事・トイレ・風呂の介助はもちろん、夜も同じ部屋で一緒に寝ます。時間が経つにつれて素顔が見えてきて、気持ちが通じてきます。3日間はあっという間でした。
 私は何度かボランティアの経験はあったものの、まだまだ経験不足で失敗もしました。しかし、他のスタッフやこどもたちに助けられて、楽しいキャンプを過ごすことができました。そして、こどもたちのキラキラした笑顔から、1年分のパワーを充電させてもらいました。文字通り寝食をともにしてふれあうことにより、障害についての理解も深まりましたし、少しだけ自信もつきました。
 こんなすばらしいキャンプは、是非たくさんのひとに経験してほしいものです。「ボランティアはしたことがあるが、今度は少し本格的な活動に参加してみようかな」という方に最適です。いろんな個性にふれあえて、とにかく楽しいキャンプです。来年はみなさんも参加してみませんか?

*** 以上 引用終わり ***

キャンプ

 続いて、終了後作成した文集の原稿をご紹介します。いささか興奮気味で、少し恥ずかしいのですが・・・。上記の感想と、一部内容が重複することをご容赦ください。

*** 以下 当時の原稿より抜粋引用 ***

 とにかく楽しい3日間でした。
 私は今回が初参加で、初日はどうしたらよいか迷いながら過ぎてしまいました。2日目・3日目と時間がたつにつれて、キャンパーや他のスタッフとコミュニケーションが深まり、居心地がよくなってきました。それは周りのみんなも同じだったようで、それぞれの素顔が見えてきて、気持ちが通じてくるのがとてもうれしかったです。
 このキャンプは、22回の歴史をもつだけあって、運営のすばらしさが印象的でした。実行委員の皆さんの経験と自信、若いスタッフの意欲と責任感には感心しました。皆さんのおかげで楽しいキャンプを過ごせました。ありがとうございます。
 キャンパーのみんなにも感謝です。みんなのキラキラした笑顔と明るい笑い声はサイコーでした。3日間で1年分のパワーを充電させてもらいました。 
 こんなすばらしいキャンプは、是非たくさんの人に経験してほしいものです。私も含めていろんな個性や特徴をもつひとが協力して、地球は生きているのだと思います。日本の「会社員」も、もっといろんな個性にふれあえばいいのに。このキャンプも閉じないで、少しずつ広がっていってほしいと思います。
 「ふれあい合同キャンプ」の皆さん、「全員が主役」のこのキャンプ、ずっと続けましょう。参加してよかった!

*** 以上 引用終わり ***

 このキャンプがユニークなのは、「さまざまな障害のある子と、障害のない子が参加する。」という点です。このようなキャンプは、「特定の障害のあるひとが参加して、障害のないスタッフが支援する」というのがよくある形だ思います。ところがこのキャンプでは、障害のある子も他の子を支援します(ex.聴覚障害の子が視覚障害の子の手を引く)。スタッフにも障害のあるひとがいます。まさに「全員が主役」なのです。

 「障害の有無や種類・重度にかかわらず、さまざまなひとが支えあっていけばいい」ということを、参加者は3日間を通じて感じることができます。また、障害のある子も「誰かを支えることができる」という自信を得て帰っていきます。その後、私は「ひとは互いに共通点と相違点がある。それだけ。」と考えるようになるのですが、このキャンプでそのもとになる考え方を、知ったような気がします。(残念ながらこのキャンプは、現在は行われていません)

 さて、このキャンプは、私にとって人生の転機となりました。この頃、私はボランティア休職制度(後述します)のことを知り、具体的にどんな活動をしようか、いろいろ調べていました。しかし時々、「やはり休職はやめよう」と思ったり、とても揺れている時期でした。
 そんなある日、私は会社から「指名留学」の打診を受けます。会社が私を評価してくれたことは、とても嬉しかったです。しかし、留学するとその後の休職は不可能になります。とても迷いました。結論を出す期限までの数日間に、ちょうどこのキャンプの事前ミーティングがありました。ミーティング会場に向かう朝は、「休職はやめて留学しよう。でも渡航前のこのキャンプには参加しよう。」と思っていました。しかし夕方の帰り道では、「やっぱり留学はお断りして休職しよう。」と心変わりしていました。
 この時すでに、「なんとも言えない満足感」を与えてくれるボランティアの世界は、私にとってとても大切なものになっていました。このミーティングの日、キャンプのスタッフに会ってそれを改めて強く感じ、休職を決意したのだと思います。その日歩いた早稲田の街のことを、今でもよく覚えています。

 あのとき、このキャンプに参加していなかったら、休職はやめていたと思います。そして、その後の仕事は全く違っていたでしょう。地域の人たちに出会うこともなく、NPOに関わることもなかったかもしれません。
 このキャンプの翌年初から、私は2年間のボランティア休職期間に入ります。

◆次ページへ
◆目次へ

※この記事の元記事(ブログ『ボランティア雑記帳』)
 転機となったキャンプ(1)
 転機となったキャンプ(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。